2003.11.4 VOL.62号
発行元:経理高度化研究所

特別情報セミナー『成長を続ける会計事務所のサービスと営業戦略』
米国・カリフォルニアEA協会会長であるロニーギャリーを迎え、加州の電子申告義務化への対応などを語る。また、経理高度化研究所・青地も 『会計リスクマネジメントの取り組み』をお話しするので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

参加費■無料(事前登録制)
  日時■平成15年11月21日(金)13:00〜17:00
  会場■新宿NSビル13階B会議室(JR新宿駅南口徒歩8分)
  主催■NTTデータ
詳細・お申込みにつきましては、別途ご案内させていただきます。



本日の掲載記事
21世紀勝手な視点/
税理士、会計士には、もう1つの使命と業務がある
BreakTime/
ホットニュース:携帯会社変えても番号そのまま!
パソコン活用術:エクセル編
頭の体操:頭をやわらかくするクイズ
企業の生き残り戦術/
責任を与える場合のポイントB(国永氏)
Oh!YaKuDaChi/
書籍紹介:病院・診療所でそのまま使える文書・伝票BEST100様式
サイト紹介:税務手続の届出申請書/国税庁
 

スキルアップセミナー/
人事労務担当者が知っておくべき15のポイント
高速道路交通システム展
       
現在の投票結果はこちら
(実施期間:11/1〜11/30)

気になる会計業界の現状をアンケート調査いたします。皆様方のお役に立てるような情報を公開したいと思います。知りたい情報などありましたら、リクエストをお寄せ下さい。
注)投票結果はすぐには反映しません。
→itlib@j-link.co.jp

問. 『club J-netでよくご覧になる
コンテンツは何ですか?(複数回答可) 』

21世紀勝手な視点


ISO NEWS
企業の生き残り戦術
ITLIBを使おう!
気になる会計業界
Break Time
Oh! YaKuDaChi
スキルアップセミナー
      
JNPからのお知らせ
■『業務と報酬/顧客満足の得られる報酬策定が実現できる』
10月22日(水)福岡にて最終講座が無事終了いたしました。
アンケート結果はこちらから→ http://www.j-link.co.jp/semi/fukuokasyukei.html

■税理士、会計士には、もう1つの使命と業務がある

税理士法第1条、「税理士は、税務に関する専門家として……略……納税義務の適正な実現を図ることを使命としています」。

同時に企業に対して経理部門の育成があるのではないでしょうか?部門の育成とは人(経理担当者)ではなく、部門の"業務の流れ"とそこに関わる人々の"役割と責任"を明確に教えることです。

企業は経理担当者を育てられないのです。創業間もない時は、経営者は会計事務所に任せる。社歴と規模拡大が行われると経理担当者を採用し、その経理担当者の方法で処理が行われるのです。当然、その経理担当者のシステムがその会社のシステムになるのです。その人しか解らない、その人に聞かなければ、その人の言うことが正しいと思わなければ、ここに企業リスクが発生するのです。

この状況を改善することが出来なければ、常に経営者は経理担当者に対して議論が出来ないのです。役割分担であり経理、財務は専門家に任せればいい、とお話しされる方がありますが、それは実態を共有化して初めて任せられることなのです。
これまで経営者は、コンピューターの進化に伴って入力操作を教育してきたが、いくら教えても覚えない、教えても直ぐ担当者が辞めてしまい、また教えなければならない。いっそ会計事務所に頼もう、任せようと決め込んだのです。その代償として、経理担当者に月次試算表が届くのが、20日も30日も、場合によっては45日〜60日も経ってからになったのです。おかげで、「記憶と勘」で経営を行うことを覚えたのです。

景気のいい右肩上がりの時はそれでも良かったのかもしれませんが、現在の経営環境、市場の変化を乗り越えるには「現実をその場で!」「その時に!」「その実態を!」知ることが必要です。金融機関にしても黒字もしくは安定的な経営でなければ融資など、到底テーブルに載せてくれません。質問も変わってきています。「現状の売上は今答えられますか?」「キャッシュフローは当月と3ヶ月ではどうなりますか?」「資金繰りと仕入れ、運転資金のバランスは何で見ていますか?」等々、これらの質問に答えるためには経営者自ら経営実態を知らなければなりません。

そのためには自社の経理の流れ(仕入れ⇒在庫管理⇒出荷⇒販売、 ⇒納品⇒回収⇒未収、 キャッシュ⇒短期現金/長期現金、 ⇒売掛管理/入金  ⇒買掛管理/支払 資金繰り(融資)計画)が、各伝票を通じて、経理担当者の業務の流れを通じて常に知ることが出来る状況になければなりません。これが経理を育てるということです。

会計事務所にお伺いして質問をすることがあります。
職員の方に「企業において自らの経理部門で試算表の打出しが出来ないのは何故ですか。原因は何ですか?」。多くの場合の回答は「経理の方が専門家で簿記が解っていると任せられるのですが、一般事務程度の方では処理をして頂いても間違いや、転記ミス、数字の誤入、誤記があればあとですべて見直さなければなりません。結果として二重手間になるのです。また処理のたびに電話で質問があり、なかなか説明がしにくいのです。効率的に行う為に会計事務所で行ったほうが早いのです。」と全てではありませんがこう答える方は多いのです。何か変、おかしいと思いませんか?会計事務所のための経理処理でしょうか!職員の効率性を考えた支援方法が本当に正しのでしょうか?

ここに大きな間違いがあるのです。会計処理は企業の責任(経営者承認)をもってその根拠で申告、納税するのです。企業に経理の実態とその役割を教えないで、どうして経営のプロが育ちますか?経営が強化されますか?もう1つの使命とは、企業経営の根幹である経理の流れを明確に誰もが解る教育(手順・システム)をし育てることです。

企業には其々企業の特性や特殊処理、伝票の流れがあります。業種別特別科目もあるでしょう。現金の流れもそれぞれ違います。借入金の状況によって支払経理処理もつくらなければなりません。
会計事務所の所長様、会計コンサルタントとして企業の経理改善とシステム化支援を是非取組んでください。業務標準化は会計事務所の問題だけでなく、企業も同じです。企業の経理処理能力が改善され向上すれば、社員(職員)の残業は削減できます。また、人件費のコスト減にも繋がります。

具体的方法について情報や支援が必要であればいつでもお手伝いさせていただきます。共に、育成しましょう。



企業コンサルの専門家が毎月お届けする企業向けの連載コラム

■国永秀男氏 (株式会社ポートエム 代表取締役)
 エクセレントカンパニーへの近道    第8回  責任を与える場合のポイントB
  http://www.j-link.co.jp/cj/contents/ikinokori_kuni_top.html


ちょっと気になる、ちょっと得する情報を集めてみました。
ホットニュース 携帯会社変えても番号そのまま!
パソコン活用術 エクセル編です
頭の体操頭をやわらかくするクイズです

コンテンツの閲覧は、『club J-net』webサイトにて


仕事やプライベートにも役立つサイトを紹介します。会計事務所の自薦・他薦ホームページも掲載いたします。 推薦サイトなど掲載希望があればこちらまで・・・ itlib@j-link.co.jp

病院・診療所でそのまま使える文書・伝票BEST100様式(CD-ROM付)

著者:望月稔之・帯谷隆
医学通信社

ISBN4-87058-089-6 C3047
¥3,200+税

■病院・診療所でそのまま使える文書・伝票BEST100様式

医療機関の運営において、従来の文書・伝票などを改める場合、参考する様式が入手しにくいという実情がある。そこで、全国複数の医療機関の様式をまとめた1冊。このまま使用する以外に、附属のCD-ROMでアレンジが可能。医療業界をお客様にもつ会計事務所におすすめ。。
税務手続の届出申請書/国税庁

http://www.nta.go.jp/category/yousiki/yousiki.htm

申請・届出や申告などの用紙が登録されているので、税務署まで取りに行かなくてもパソコンから入手できる。また、PDFの「フォーム機能」を使えば、書き込みが可能となりペーパーレス化に近づけるでしょう。

業務に役立つセミナー・フェアー開催情報
人事労務担当者が知っておくべき15のポイント高速道路交通システム展

各セミナー・フェアーの詳細は『club J-net』webサイトにて



 ITLIBを使おう! -無料ダウンロード-
 
報酬規定の廃止で、報酬の見直しを進める中、顧客から満足を得られる報酬体系を実現するためには、従来の月額顧問料という契約内容のあいまいさをなくし、業務範囲を明確にする必要があります。今回は、これらの考え方に基づき報酬体系の作り方を解説した会計大事典X業務報酬編の資料を一部公開しています。
          →http://www.j-link.co.jp/cj/contents/bisines.html

 【ITLIB】とは・・・
過去の業務改善支援に使用した資料(マニュアル、テキスト、データ)がダウンロードできる会員制事務所サポートシステム。会計大事典の会計処理編はもちろん、 ISOマニュアル〜手順書などISOの取得資料がエクセル・ワードでダウンロードでき、加工して事務所用に使用できます。全ての資料の目次を閲覧したい方は
こちらから  →http://www.j-link.co.jp/itlib/index.html

T会計処理編 U人事管理編 V経営計画編 WISO編 X業務報酬編
インターネット図書館【ITLIB】の厳選資料集。書籍でご利用されたい方におすすめです。
詳細はこちらから → http://www.j-link.co.jp/jnp/shuppan.html

編集部便り

先日、壱万円札には3種類あるというのをテレビでやっていて、すぐ家中の壱万円を集めて比べてみた。なるほどそのとおりだった。ほんの小さな文字であるが違いがあったのだ。今までお金は大切に使ってきたが(?)、じっくりと見た事はなかった。無意識に目に入ってくるものを漠然と見ていて、ちゃんと見ているようで見ていない。日常から意識的に物事を見る事が必要だと感じた私でした。

※発行責任者:経理高度化研究所「club J-net」編集部 
「club J-net」は、会計事務所に無料でお配りするもので、売り込み等の営業は一切いたしません。
■メールマガジン配信へのご意見・ご要望・お問合せ■メールマガジンのご購読を希望されない場合はお手数ですがこちらのアドレスまでお願いいたします。 →itlib@j-link.co.jp