40企業限定 経営者が抱えている、人事制度や人材育成、経営推進や予実管理などにおける様々な問題、悩みを6ヶ月間で総合的にサポートいたします。
   
企業経営に必要な項目を明確にし、全社員により次年度の目標や戦略を計画。計画手法・・・
   
経営品質の向上、企業の目指す目的の実現ができる・・・
   
 2006/5よりJISQ15001:2006に改訂。新規格で導入支援。また、1999年版取得者へのバージョンUP支援も実施中!

『後継経営者』養成講座 NEW
業務改善と品質保証P・D・C・A講座
業務標準化/マニュアル化
業務・報酬 規定策定
教育プラン計画策定
聞取りインタビュースキル向上講座
顧客ニーズ調査スキル向上講座
TA手法研修
〔コミュニケーション自分探し〕
人事制度(評価規定と賃金規定)講座
報告書・提案書作成スキル向上講座
ISO導入講座-基礎編
ISO導入講座-実務編
ISO導入講座-運用編
内部監査員養成講座
プライバシーマーク導入講座
 

売上実績、回収、新規獲得(市場制覇)商品開発プロジェクトにおける達成水準を100%に設ける最も効果的な手法は予実管理である。各責任者がメンバーに対して確実に状況を把握し、未達の場合は原因の探索と対応策を提供し、達成の場合はその要因を共有化することが必要となります。ここではその手法をご支援いたします。

■先を見据えた経営ができる
■損益の予定や資金繰りの先行管理で堅実な経営ができる
■社員の目標達成意欲が向上する

1.予算数値、予定目標、予定行動等の基礎情報作成
経営計画からの数値情報のデジタル化及び具体的行動のスケジュール化を行います。その作業を通じて管理者育成を実施いたします。
2.予実管理基準、レクチャー質問項目を設定
達成基準を設定します。(企業が求める達成水準の設定/損益分岐点、利益水準、開発原価基準等)設定基準に対しての設問項目を作成し、文書化します。
3.日次、週次、月次単位で情報の回収方法を決定する
業務日報、工程管理日報、シェア市場獲得マップ図、既存顧客リピーター活動報告書の確認。シートの作成、提出、回収、確認、承認規定の作成。
4.予実管理会議の設定
予実管理会議のスケジュール作成をします。
(所要時間、開始時間、参加メンバー、記録作成、会場準備、経営責任者のスタンス)開催告知と事前資料収集の方法もご指導いたします。
5.予実管理者の育成(スキルの訓練)
管理者のマネジメント能力(スキル・モチベーション)、考察能力、推測考査、アドバイススキルの育成を行います。
6.管理データーのビジュアル化
予実管理から得られる情報の管理を行います。(パソコンデーター化、ペーパー化)
・ OHP活用、プロジェクター活用その他の方法の検討
・ 本支店間のパソコン会議導入アドバイス
初回診断後、ご依頼企業様の実状に合った支援工数とお見積書を提示いたします。
 
コンサルティング契約を締結していただくまでの協議、相談に関して一切の費用はいただきませんのでどうぞお気軽にご相談ください。
FAXでのお申し込み、また社内稟議用資料が必要な場合は、以下のPDFファイルをダウンロードしてください。
形式
タイトル
ダウンロード
ファイルサイズ
予実管理支援
153KB
※上記ファイルを閲覧するには「AdobeAcrobatReader」が必要です。以下のアイコンよりAdobe社のウェブサイトでファイルをダウンロードし、インストールをしてください。 (インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。)
*は入力必須項目です。
企業名*
業種*
 その他 :   
代表者名*
郵便番号*
住所*
TEL*
FAX*
Mail*
お問い合わせ内容
内容について 費用・見積について その他
お問い合わせ


    


個人情報取扱いについて
Copyright©2000-2005 J-net planning.,Ltd All right reserved