40企業限定 経営者が抱えている、人事制度や人材育成、経営推進や予実管理などにおける様々な問題、悩みを6ヶ月間で総合的にサポートいたします。
   
企業経営に必要な項目を明確にし、全社員により次年度の目標や戦略を計画。計画手法・・・
   
経営品質の向上、企業の目指す目的の実現ができる・・・
   
 2006/5よりJISQ15001:2006に改訂。新規格で導入支援。また、1999年版取得者へのバージョンUP支援も実施中!

『後継経営者』養成講座 NEW
業務改善と品質保証P・D・C・A講座
業務標準化/マニュアル化
業務・報酬 規定策定
教育プラン計画策定
聞取りインタビュースキル向上講座
顧客ニーズ調査スキル向上講座
TA手法研修
〔コミュニケーション自分探し〕
人事制度(評価規定と賃金規定)講座
報告書・提案書作成スキル向上講座
ISO導入講座-基礎編
ISO導入講座-実務編
ISO導入講座-運用編
内部監査員養成講座
プライバシーマーク導入講座
 

文書管理とは、組織内における全部門、全業務の責任範囲、承認の証拠を明確にし、内外に問題が発生した時、その所在を明らかにすることである。文書管理を整備することで、問題が発生した場合にも迅速に対応でき、是正・予防対策が打てるようになります。いつでも、誰でも、何処にあるか探すことが出来るような文書管理ルールとトレサビリティーの仕組み作りをご支援いたします。また、この仕組みが出来ることで情報セキュリティーも構築できます。

■不要な文書や不明確な取扱いルールを整備できる
■電子媒体のデーターも整備でき、必要な時安易に閲覧、検索が可能になる
■文書の承認漏れや、情報の漏洩の防止、予防ができる

1.現状確認/書類の洗い出し、業務手順の確認
社内に存在する文書及び通達、指示書、確認書、報告書、記録関係の書類の洗い出しを行います。
2.業務手順の確認
担当者にインタビューを実施し、業務毎の手順を文書化します。
(手順書があれば確認)
3.現状聞き取り確認
・業務の洗出し
・業務毎の時間データー化
・記録の記入
・業務管理システムの決定
4.社内文書管理状況の確認
項目の設定(手順、注意点、仕様)を決める。
記録化/業務の責任担保
5.会議体系の導入

【管理サイクル・廃棄サイクル会議】
更新、廃棄、新規文書の規定を会議において決定します。
定期会議でルール化し、承認制度に従って実施します。

初回診断後、ご依頼企業様の実状に合った支援工数とお見積書を提示いたします。
 
コンサルティング契約を締結していただくまでの協議、相談に関して一切の費用はいただきませんのでどうぞお気軽にご相談ください。
FAXでのお申し込み、また社内稟議用資料が必要な場合は、以下のPDFファイルをダウンロードしてください。
形式
タイトル
ダウンロード
ファイルサイズ
文書管理システム支援
153KB
※上記ファイルを閲覧するには「AdobeAcrobatReader」が必要です。以下のアイコンよりAdobe社のウェブサイトでファイルをダウンロードし、インストールをしてください。 (インストール方法はAdobe社のサイトで説明されています。)
*は入力必須項目です。
企業名*
業種*
 その他 :   
代表者名*
郵便番号*
住所*
TEL*
FAX*
Mail*
お問い合わせ内容
内容について 費用・見積について その他
お問い合わせ


    


個人情報取扱いについて
Copyright©2000-2005 J-net planning.,Ltd All right reserved