新刊書籍のご案内
会計事務所実践シリーズ
パート社員育成マニュアル
CD−ROM付き
発売記念価格にて販売中!
alt=

JISQ15001:2006
プライバシーマーク
内部監査員実践マニュアル
2006年6月20日発売
好評発売中!
alt=
↓気になる書籍をクリックしてください!
会計大事典T 月次処理編
会計大事典U 人事管理編
会計大事典V 経営計画編
会計大事典W ISO編
会計大事典X 業務報酬編
ISO9001:2000
内部監査員実践マニュアル
個人情報保護法対策
情報セキュリティー/プライバシーマーク導入マニュアル
(2006年規格)
100%活用できる! 会計業界専門のコンサルタントが明かす! 会計事務所業務改善事例の決定版 ! 
会計処理編
A4版 全314ページ 
定価\12,800(税込)



会計大事典T 只今好評発売中!!

〔主な収録〕月次処理〜決算前対策/報告会、申告・年調・届出作業の関連スケジュール、相続申告、税務調査内部統制のマニュアル・フォーマットが完備

は じ め に
― 業務の標準化は事務所経営改善の最優先事項! ―  

21世紀に勝ち残るための業務品質の追求を実現する資料全て公開!!

今から10年前(1990年)業務の標準化を3Sコンセプト『単純化(Simplification)標準化(Standardization)専門家(Specialization)』のIE手法にて支援してまいりました。現在もその基本は変わっていません。それどころか、会計業界の意識が品質システムや品質マネジメントに傾いてきた現在は、「ISO9000/2000」の目指すものとが合致していることから、今回公開する資料は21世紀に必要な情報と考えました。会計事務所の業務とは、「判断業務/高度習熟処理・学習処理」「処理業務/月次・決算・申告・年調」とあり、それぞれに経理財務分野と経営助言専門分野があります。
これまでの会計事務所は、コンピューターの発展とともに経理処理ツールとして活用し、それに合わせて業務手順をルール化してきました。入力資料の記帳内容の確認、入力科目コードの設定・操作手順の訓練、又は、研修による習熟訓練、出力帳票のチェック及び確認点検の手順等々………全てがコンピューターを中心とした標準化が進んでいます。しかし、実際の業務においては、仕訳伝票を使うか使わないかの違いぐらいでほとんど改善されておらず、職員が個々に自分のやりやすい方法で入力前シートや顧問先訪問時に行うチェックシートを作り処理を行っているのが現状です。
本来の業務改善とは、基本工程を全体的に捉えた上で「ムダ・ムラ・ムリ」を見出し、問題の工程や処理方法を改善することです。各自の処理方法が違うことで「作業時間」や「ミス・誤入」の度合いなど品質精度のバラツキを改善することではないでしょうか?

 
【 経理高度化研究所の改善指導における基本方針 】

指導ポイント
● 経験や習熟度に関係なく誰でも出来る
● 特定の担当者でなくても誰でも解る
● 作業処理状況が客観的に解る
● 余分なシート・フォーマットはつくらない
● 新入社員の即戦力になる所内指導テキストを目指す

今回公開する資料及びシート類は、全て上記方針に沿ってご支援して得られた結果の資料です。
又、実務担当者や使用する職員で作られた資料ですので、形式にとらわれず使う側に立った実用的な構成になっています。

【 本書の特徴 】
・ 単なる業務標準化資料ではなく、全てのシート・フォーマット類が関連付けて構成
・ 月次処理(訪問〜社内業務)から決算前対策・決算報告会まで
・ 申告・年調・届出作業の関連スケジュール
・ 相続申告に使う作成資料
・ 税務調査を受けるための資料
・ 事務所側が使う内部統制業務(監査的業務)に必要な資料

編 集: 経理高度化研究所 標準化品質スタッフ
監 修: 青 地 一 守

出版物に関してのご意見・お問い合わせ先
mail:jnp@j-link.co.jp
TEL:075(352)5888


個人情報取扱いについて

Copyright©2000-2006 J-net planning.,Ltd All right reserved